発行している鉄道会社でしか使えないの?

一枚の電子マネーカードで複数の会社が運行している電車に乗れる

電子マネーは複数の鉄道会社で発行されています。では、二つ以上の電車を乗り継ぐ場合、運行している鉄道会社が異なるときはそれぞれの電子マネーカードを使わないと改札を通れないのでしょうか。実はそんなことはありません。利便性を重視して、一つの電子マネーカードで複数の鉄道会社の電車に乗れるようになっていることが多いです。そのため、基本的には好みの電子マネーカードを一枚持っていれば、通勤、通学で不便な思いをすることはないでしょう。
ただ、当然ながら、鉄道会社以外の組織が発行した電子マネーカードで電車賃を払うことはできないので注意が必要です。どの路線に乗車するにしても、必ず鉄道会社が発行した電子マネーカードを用意しましょう。

エリアをまたぐと使えない場合も

また、鉄道会社の電子マネーカードであっても、他社の電車に乗るとき、運賃の支払いに使えないことがあります。たとえば、乗り換え区間がエリアをまたぐ場合です。鉄道グループによっては、全国を首都圏や東海、西日本などのエリアに分け、それぞれ、同一グループの別会社が電車を走らせていることがあります。その場合、各会社がそれぞれ電子マネーカードを発行しているのですが、首都圏エリアの会社が発行した電子マネーカードで東京近郊の駅から乗り、西日本エリアにある駅で降りるといったことがシステム上、できないのです。
当然、その鉄道グループ以外の鉄道会社が発行した電子マネーカードでも同様なので、現金やクレジットカードで乗車券を購入するしかありません。